細菌に効果を発揮するジスロマックですが、服用すると下痢になるとの情報が!?それは薬が効いてる証拠なのか?薬が体に合わないのか?そんなジスロマックの疑問についてわかりやすくまとめていきたいと思いますので、ぜひご活用ください!

ジスロマックの写真

婦人科のジスロマックは効果的だがアレルギーに注意

世の中にはさまざまな病気がありますが、そのなかでも、他人との直接または感染的な接触を通じて、細菌、真菌、ウイルスといった病原性微生物に感染してしまったことが原因となって引き起こされるもののことを、総称して感染症とよんでいます。こうした感染症のなかでも、特に性行為を通じて感染をするものが、いわゆる性感染症や性病とされるものです。
性感染症も、いまや風俗関係者だけではなく、広く一般の人々にも広がりをみせており、しかも病気の種類が多様化しているという傾向がみられます。たとえば、クラミジア感染症とよばれるものは、クラミジアが性器の周囲に感染をするものであり、女性であればおりものの増加、不正出血、性行為をしたときの痛みなどといった兆候があるものです。こうした場合、放置しておくと子宮頚管炎や卵管炎といった病気になり、さらに痛みが増すとともに、不妊の原因にさえなることが考えられますので、婦人科などを受診して、はやめに治療をすることがたいせつとなってきます。
このクラミジア感染症の治療ですが、マクロライド系のジスロマックのような抗生物質が処方されることが多いといえます。ジスロマックは一般には錠剤タイプのもので、これを一定の期間にわたって服用するだけでよいものですが、有効成分がからだのなかにしっかりとりいれられると、細菌の増殖が抑制されますので、やがて症状は改善するわたけです。
しかし、アレルギー体質にひごろからなやんでいるような人の場合、比較的副作用は少ないといわれるジスロマックであっても、やはりアレルギーの症状があらわれることもないわけでははありません。なにか異常を覚えた場合には、婦人科に相談をして、処方をみなおしてもらうこともたいせつです。