細菌に効果を発揮するジスロマックですが、服用すると下痢になるとの情報が!?それは薬が効いてる証拠なのか?薬が体に合わないのか?そんなジスロマックの疑問についてわかりやすくまとめていきたいと思いますので、ぜひご活用ください!

ジスロマックの写真

性交渉が経路のクラミジア、ブログでジスロマック購入

性病にかかって困っている人の例は、決して少なくありません。
中には、ブログで性病克服記録を掲載している人もいるほどです。
性病の一つに、クラミジア感染症があります。
罹患経路は性的接触によるものと見られています。
オーラルセックスによっても感染することがあるのです。
20代の人に多く見られ、女性の罹患者が多いのが、他の性病とは異なった点です。
また、感染しても自覚的な症状がないのも、クラミジア感染症の大きな特徴です。
自分が感染していることがわからないものですから、同じ性交渉を続けてパートナーにうつしてしまったり、また、病状の進行に気づかないものだから重症化させてしまったりするのです。
ただ、クラミジア感染症に対しては、現在では有効な治療薬が開発されています。
ジスロマックを飲めば、なんと90%&という高い確率で治癒するのです。
しかも、ジスロマックは1回飲めば1週間にわたって効果が続くのです。
経済的負担も少なくて済み、患者にとってはありがたい治療薬と言えるでしょう。
ジスロマックの服用の仕方は、1回に1000mgを飲みます。
もし500mgの錠剤であれば、1回2錠の服用です。
もし胃腸が弱いという人であれば、1000mgを一度で摂取すると、下痢や腹痛などの副作用が出るケースもあるようですので、それが心配であれば、500mgを1日1回ずつ、3日間に分けて服用するという手もあります。
必ず水と一緒に飲みます。
食前か食後かは気にする必要はありません。
ごくまれに、下痢の症状が見られることがありますので、極力、食事を済ませてから2時間以上経ってから服用し、薬を飲んでから2時間は食べ物は何も摂らないようにします。
なお、ジスロマックは病院で医師から処方を受けることで入手することができます。
あるいは、ネット通販や個人輸入で購入することも可能です。